虚堂懸鏡について

四字熟語虚堂懸鏡
読み方きょどうけんきょう
意味心を空にして、公平に物事を判断すること。
「虚堂」は人も物も何もない、空の部屋。
「懸鏡」は鏡を壁にかけること。
何もなく、誰もいない部屋に鏡を懸けるという意味から。
「虚堂に鏡を懸く」とも読む。
出典『宗史』「陳良翰伝」
類義語 虚心坦懐(きょしんたんかい)
虚心平意(きょしんへいい)
公平無私(こうへいむし)

使用されている漢字

「虚」を含む四字熟語

「虚」を含む四字熟語を全て見る

「堂」を含む四字熟語

「堂」を含む四字熟語を全て見る

「懸」を含む四字熟語

「懸」を含む四字熟語を全て見る

「鏡」を含む四字熟語

「鏡」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る