哭岐泣練について

四字熟語哭岐泣練
読み方こくききゅうれん
意味心がけや習慣次第で、人は悪人にも善人にもなるということ。
「哭」は大きな声で泣くこと。
「岐」は分かれ道。
「練」は白い糸。
「哭岐」は楊朱が分かれ道を見て、どちらにも行くことができると気づいて泣いたという故事から。
「泣練」は墨子が白い糸を見て、何色にも染めることができると気づいて泣いたという故事から。
どちらも好きなように選ぶことができ、その選択次第で結果が変わるということをいう。
「岐に哭き練に泣く」とも読む。
「哭逵泣練」とも書く。
出典『淮南子』「説林訓」
別表記 哭逵泣練(こくききゅうれん)
類義語 墨子泣糸(ぼくしきゅうし)
墨子悲糸(ぼくしひし)
墨子悲染(ぼくしひせん)
楊朱泣岐(ようしゅきゅうき)

使用されている漢字

「哭」を含む四字熟語

「岐」を含む四字熟語

「岐」を含む四字熟語を全て見る

「泣」を含む四字熟語

「泣」を含む四字熟語を全て見る

「練」を含む四字熟語

「逵」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る