枕流漱石について

四字熟語枕流漱石
読み方ちんりゅうそうせき
意味自身の失敗や負けを認めようとしないこと。または、何かにつけて言い訳ばかりすること。
西晋の孫楚が「石に枕し流れに漱ぐ」と言おうとして、「石に漱ぎ流れに枕す」と言い間違え、それを指摘されると、「石で歯を磨いて、流れで耳を洗う」と言い、間違いを認めなかったという故事から。
文豪の夏目漱石の雅号「漱石」は、この故事が由来。
出典『晋書』「孫楚伝」
類義語 我田引水(がでんいんすい)
牽強附会(けんきょうふかい)
指鹿為馬(しろくいば)
漱石枕流(そうせきちんりゅう)
孫楚漱石(そんそそうせき)

使用されている漢字

「枕」を含む四字熟語

「枕」を含む四字熟語を全て見る

「流」を含む四字熟語

「流」を含む四字熟語を全て見る

「漱」を含む四字熟語

「石」を含む四字熟語

「石」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る