筆力扛鼎について

筆力扛鼎
ひつりょく-こうてい
読み方ひつりょくこうてい
意味勢いがあって力強い文章のこと。
「筆力」は文章の勢いや筆遣い。
「扛鼎」は食べ物を煮るために使う青銅の器を持ち上げること。
青銅で出来た重い器を持ち上げるほど、筆力が強いという意味から。
「筆力鼎を扛ぐ」とも読む。
出典韓愈「病中贈張十八」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る