荘周之夢について

四字熟語荘周之夢
読み方そうしゅうのゆめ
意味自分とものとの区別がなくなって、全てのものが一つのものとする万物一体の境地のこと。または、人の生がはかないことのたとえ。または、夢と現実の境がはっきりと区別できなくなること。
「荘周」は道教の始祖の一人とされる思想家の荘子の別名。
荘子が胡蝶になって遊ぶ夢をみて、目が覚めると夢で胡蝶になったのか、胡蝶が夢をみて自分になったのかわからなくなったという故事から。
出典『荘子』「斉物論」
類義語 胡蝶之夢(こちょうのゆめ)

使用されている漢字

「荘」を含む四字熟語

「周」を含む四字熟語

「周」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「夢」を含む四字熟語

「夢」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る