舐糠及米について

舐糠及米
しこう-きゅうまい
読み方しこうきゅうまい
意味少しのことから被害が増えていくこと。
虫が米の外側の糖を舐めると、次は中の米を食べるということから。
前漢、景帝の代に勢力を削る目的で、少しずつ領地が削られていき、このままでは領地がなくなると危惧した呉王が呉楚七国の乱を起こしたという故事から。
「糠を舐りて米に及ぶ」とも読む。
出典『史記』

「舐」を含む四字熟語

「糠」を含む四字熟語

「及」を含む四字熟語

「米」を含む四字熟語

使用されている漢字

ページ先頭に戻る