狗尾続貂について

狗尾続貂
くび-ぞくちょう
読み方くびぞくちょう(こうびぞくちょう)
意味つまらない者が、権力で次々と高官になることを罵しる言葉。または、劣った者がすぐれた者のあとに続くこと。
「狗尾」は犬の尾、「貂」は動物のてんのことで、昔は高官の冠にてんの尾を飾っていた。
晋の趙王倫が力を得て、一族をみな高官にして、てんの尾で飾った冠をつけたために、てんの尾が足りなくなって、犬の尾で飾らないといけなくなると人々が罵った故事から。
出典『晋書』「趙王倫伝」
類義語 続貂之譏(ぞくちょうのそしり)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る