極楽浄土について

四字熟語極楽浄土
読み方ごくらくじょうど
意味阿弥陀仏がいるとされている苦労や苦痛のない世界のこと。
仏教の言葉。
大乗仏教の経典の一つである「阿弥陀経」には、極楽浄土は西の方向に十万億土よりもさらに先にあり、そこでは今も阿弥陀仏が説法を行っていると記されている。
出典
類義語 安養宝国(あんようほうこく)
安楽浄土(あんらくじょうど)
九品浄土(くほんじょうど)
寂光浄土(じゃっこうじょうど)
十万億土(じゅうまんおくど)

使用されている漢字

「極」を含む四字熟語

「極」を含む四字熟語を全て見る

「楽」を含む四字熟語

「楽」を含む四字熟語を全て見る

「浄」を含む四字熟語

「浄」を含む四字熟語を全て見る

「土」を含む四字熟語

「土」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る