百発百中について

百発百中
ひゃっぱつ-ひゃくちゅう
読み方ひゃっぱつひゃくちゅう
意味発射した弾丸や矢などが、全て狙った場所に当たること。
または、予想や計画などが、全て狙い通りの結果になること。
「百発」は矢や弾丸などを百回発射すること。
「百中」は矢や弾丸などが狙った場所に百回命中すること。
古代中国の楚の国の養由基という弓の名人が、柳の木から百歩離れた場所から百発の矢を放ち、全ての矢を葉に命中させたという故事から。
出典『戦国策』「西周策」
類義語 百歩穿楊(ひゃっぽせんよう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る