百家争鳴について

四字熟語百家争鳴
読み方ひゃっかそうめい
意味様々な立場の学者や専門家が自由に盛んな勢いで論争すること。
「百家」は数多くの学者や専門家のこと。
「争鳴」は自由で活発な議論をすること。
1956年に中国共産党の主席である毛沢東が「百家斉放」と共に掲げた標語の一つで、翌年には撤回された。
春秋戦国時代の学者や学派は諸子百家と呼ばれ、孔子や老子、孫子などの様々な学派の思想家が論争したという故事から。
出典
類義語 侃侃諤諤(かんかんがくがく)
議論百出(ぎろんひゃくしゅつ)
談論風発(だんろんふうはつ)

使用されている漢字

「百」を含む四字熟語

「百」を含む四字熟語を全て見る

「家」を含む四字熟語

「争」を含む四字熟語

「争」を含む四字熟語を全て見る

「鳴」を含む四字熟語

「鳴」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る