拈華微笑について

拈華微笑
ねんげ-みしょう
読み方ねんげみしょう
意味言葉を使うことなく、心から心へと通じ合うこと。
「拈華」は花をつねるという意味。
釈迦が花を指でつねったところ、弟子の中で迦葉だけが意味を理解して微笑したので、釈迦は迦葉に仏法の奥義を授けたという故事から。
出典
類義語 以心伝心(いしんでんしん)
教外別伝(きょうげべつでん)
不言不語(ふげんふご)
不立文字(ふりゅうもんじ)
維摩一黙(ゆいまいちもく)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る