斉紫敗素について

斉紫敗素
せいし-はいそ
読み方せいしはいそ
意味賢い人が行動して災いを福にかえるように、失敗を成功にかえることのたとえ。
「斉紫」は斉の国の特産品の紫色に染めた絹地。
「敗素」は質の悪い白絹のこと。
質の悪い白絹でも紫色に染めることで高く売ることができるということから。
出典『戦国策』「燕策」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る