精衛塡海とは

四字熟語精衛塡海
読み方せいえいてんかい
意味実現不可能な計画を立てて失敗し、無駄な努力となること。
または、いつまでたっても悔やんでいること。
「精衛」は伝説上の小鳥の名前。
「塡海」は海を埋めること。
伝説上の皇帝炎帝の娘である女娃は東海で溺れ死んだ。
女娃は伝説上の小鳥「精衛」に化身し、自身の死んだ東海を小石や小枝などで埋めようとしたが、失敗に終わったという故事から。
出典『山海経』「北山経」
異形 精衛填海(せいえいてんかい)
漢検級 準1級
場面用途計画 / 後悔 / 実現不可能な計画
補足漢検6級~2級の字で構成されていますが、四字熟語の級としては準1級と『漢検 四字熟語辞典』(第二版)に記載されています。
類義語 塡海之志(てんかいのこころざし)
使用漢字 / / / /

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

「精」を含む四字熟語

「衛」を含む四字熟語

「塡」を含む四字熟語

「海」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る