六道輪廻について

六道輪廻
ろくどう-りんね
読み方ろくどうりんね
意味仏教語で、この世で生きている全てのものが六道の世界で生と死を繰り返すこと。
「六道」は死んだ後に行く世界のことで、生きている時の行いの善悪によってどの世界に生まれ変わるか決まり、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六つがある。
出典張説「唐陳州竜興寺碑」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る