烏集之交について

烏集之交
うしゅうの-まじわり
読み方うしゅうのまじわり
意味「烏集」は烏の群れのことで、疑り深く、利己的な鳥とされていることから、お互いに自分の利益のみを考え、誠意のない交流や集まりのこと。
出典『管子』「形勢解」
類義語 烏合之衆(うごうのしゅう)
烏集之衆(うしゅうのしゅう)
烏鳥之狡(うちょうのこう)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る