鳳凰于飛について

四字熟語鳳凰于飛
読み方ほうおううひ
意味「鳳凰」はおおとりのことで、「鳳」は雄、「凰」は雌とされ、つがいになって飛ぶことから、夫婦の中がとてもよいこと。
または、徳の高い天子の下に、賢臣が多く集まること。
出典『詩経』「大雅・巻阿」
類義語 鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
鴛鴦交頸(えんおうこうけい)
関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
比翼双飛(ひよくそうひ)
比翼連理(ひよくれんり)

使用されている漢字

「鳳」を含む四字熟語

「鳳」を含む四字熟語を全て見る

「凰」を含む四字熟語

「于」を含む四字熟語

「飛」を含む四字熟語

「飛」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る