「三聖吸酸」について

スポンサーリンク

人気の四字熟語ランキング

四字熟語 三聖吸酸
読み方 さんせいきゅうさん
意味 儒教の蘇軾と道教の黄庭堅、仏教の仏印禅師の三人が、桃花酸という名前の酢をなめて、全員が顔をしかめたということ。
東洋画の画材としてよく使われるもので、思想も宗教も異なっているが、酢がすっぱいことは、全てにあてはまる真理であるという三つの宗教の一致をいう。
儒教の孔子と道教の老子、仏教の釈迦を描く場合もある。
漢字検定 5級
分類 画題
漢字詳細 四字熟語「三」 / 漢字「三」
四字熟語「聖」 / 漢字「聖」
四字熟語「吸」 / 漢字「吸」
四字熟語「酸」 / 漢字「酸」

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る