「竹頭木屑」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 竹頭木屑
読み方 ちくとうぼくせつ
意味 役に立たないもののこと。
または、役に立たないように見えるものでも、役立つことがあるので粗末にしないこと。
「竹頭」は竹の切れ端。
「木屑」は木を削ったときに出るくず。
船を作るときに出た木屑を捨てずにとっておき、雪道で滑らないようにまいたり、竹の切れ端から作った釘を船の修理に使ったという故事から。
出典 『世説新語』「政事」
類義語 鶏鳴狗盗(けいめいくとう)
漢字検定 準1級
分類 役に立たない
漢字詳細 四字熟語「竹」 / 漢字「竹」
四字熟語「頭」 / 漢字「頭」
四字熟語「木」 / 漢字「木」
四字熟語「屑」 / 漢字「屑」

検索ランキング
順位 四字熟語 漢字
1位 酒池肉林
2位 五穀豊穣
3位 無病息災
4位 百折不撓
5位 鬼面仏心

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る