「九年面壁」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 九年面壁
読み方 くねんめんぺき(きゅうねんめんぺき)
意味 長い期間一つのことに専念してやり遂げること。
または、長い期間勉学に勤しむこと。
達磨大師が嵩山の少林寺にこもって、九年間壁に向かって座禅を組んで悟りを開いたという故事から。
出典 『景徳伝灯録』「三」
類義語 面壁九年(めんぺきくねん)
漢字検定 4級
分類 専念する
勉学に励む
漢字詳細 四字熟語「九」 / 漢字「九」
四字熟語「年」 / 漢字「年」
四字熟語「面」 / 漢字「面」
四字熟語「壁」 / 漢字「壁」

検索ランキング 6/4更新
順位 四字熟語 漢字
1位 酒池肉林
2位 枯木竜吟
3位 人品骨柄
4位 百折不撓
5位 越権行為

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 四字熟語辞典オンライン

ページ先頭に戻る