偃鼠飲河について

偃鼠飲河
えんそ-いんが
読み方えんそいんが
意味人の欲望は、その人の分に応じたもので満足するべきであるということのたとえ。
分を弁えるべきであるという教え。
「偃鼠」は動物のもぐら。または、動物のどぶねずみ。
もぐらが河の水をどれだけ飲んでも、もぐらの小さな腹を満たす程度でしかないということから。
中国の聖天子の尭帝が許由に天下を譲ろうとした時に、許由は能力も才能もなければ、今の生活に満足もしていると言って断ったという故事から。
「偃鼠河を飲む」とも読む。
出典『荘子』「逍遥遊」
類義語 飲河之願(いんかのねがい)
飲河満腹(いんかまんぷく)

「偃」を含む四字熟語

「偃」を含む四字熟語を全て見る

「鼠」を含む四字熟語

「鼠」を含む四字熟語を全て見る

「飲」を含む四字熟語

「飲」を含む四字熟語を全て見る

「河」を含む四字熟語

「河」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る