易簀之際について

四字熟語易簀之際
読み方えきさくのさい
意味人が死ぬ間際のこと。
徳の高い人が死ぬことを敬って使うことが多い言葉。
「易簀」は寝台に敷くすのこを取り替えることで、人の死ぬ間際を意味する。
孔子の弟子である曽参が死ぬ間際に、高位の人が使うすのこが敷かれてあったために、自身の身分には相応しくないといって取り返させたという故事から。
出典『礼記』「檀弓・上」

使用されている漢字

「易」を含む四字熟語

「易」を含む四字熟語を全て見る

「簀」を含む四字熟語

「簀」を含む四字熟語を全て見る

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「際」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る