嚮壁虚造について

嚮壁虚造
きょうへき-きょぞう
読み方きょうへききょぞう
意味実在しないものを存在するかのように捏造すること。
壁と向き合って、頭の中で思い浮かべて存在しないものを作るという意味から。
中国の観の時代、孔子が以前に住んでいた壁からでた古文の経書について、当時の人々が偽者だと評した言葉から。
「壁に嚮って虚像す」とも読む。
出典『説文解字』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る