挙案斉眉とは

四字熟語挙案斉眉
読み方きょあんせいび
意味夫婦の間にも礼儀を保って、お互いに尊敬しあっていること。
「案」は食事などを載せる膳のこと。
中国の後漢の梁鴻の妻である孟光は、梁鴻に食事を出すときは、膳を眉の高さまで捧げて敬っていたという故事から。
「案を挙ぐること眉に斉しくす」とも読む。
出典『後漢書』「梁鴻伝」
漢検級 2級
場面用途 夫婦の仲が円満 / 家族 / 夫婦
類義語 孟光挙案(もうこうきょあん)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「挙」を含む四字熟語

「挙」を含む四字熟語を全て見る

「案」を含む四字熟語

「案」を含む四字熟語を全て見る

「斉」を含む四字熟語

「斉」を含む四字熟語を全て見る

「眉」を含む四字熟語

「眉」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る