苛政猛虎について

苛政猛虎
かせい-もうこ
読み方かせいもうこ
意味悪政は人を食べる虎よりも人々を苦しめるということ。
人々を苦しめる政治を戒める言葉。
「苛政」は人々を苦しめるひどい政治。
中国の思想家の孔子が道端で泣いている女性に出会い、その理由を聞くと姑と夫、息子が虎に殺されたといい、孔子がなぜこの地を離れないのかと聞くと、悪政がしかれていないからと答えたという故事から。
「苛政は虎よりも猛し」とも読む。
出典『礼記』「檀弓・下」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る