月下推敲について

四字熟語月下推敲
読み方げっかすいこう
意味詩文の字句や表現を深く考えて、何度も修正して仕上げること。
月の光に照らされた門を開ける動作を「推す」と表現するか、「敲く」と表現するか、考えをめぐらせるという意味から。
中国の唐の詩人の賈島が、科挙の試験を受けるために驢馬に乗って移動している時、詩の表現を「推す」と「敲く」のどちらにすべきか悩みながら進むと、政府の高官である韓愈の行列にぶつかってしまった。
賈島は韓愈に非礼をわびて事情を話すと、韓愈は「敲のほうがよい」と答えた。
それから二人は詩を論じ合ったという故事から。
出典『唐詩紀事』「四○」

使用されている漢字

「月」を含む四字熟語

「月」を含む四字熟語を全て見る

「下」を含む四字熟語

「下」を含む四字熟語を全て見る

「推」を含む四字熟語

「推」を含む四字熟語を全て見る

「敲」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る