風声鶴唳について

風声鶴唳
ふうせい-かくれい
読み方ふうせいかくれい
意味風の音や鶴の鳴き声のような、少しのことでも驚いて、恐れて怯えることのたとえ。
「風声」は風の音。
「鶴唳」は鶴の鳴き声。
前秦の符堅の軍が東晋の軍に敗れて、敗走する時に兵たちは、風の音や鶴の鳴き声のようなわずかな音でも敵の追撃かと恐れて、壊滅したという故事から。
出典『晋書』「謝玄伝」
類義語 影駭響震(えいがいきょうしん)
疑心暗鬼(ぎしんあんき)
草木皆兵(そうもくかいへい)
杯弓蛇影(はいきゅうだえい)
杯中蛇影(はいちゅうのだえい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る