在邇求遠について

在邇求遠
ざいじ-きゅうえん
読み方ざいじきゅうえん
意味人としての正しい道は身近なところに求めるべきなのに、人は遠いところにあるものを求めようとするということ。
親や年長者など相応に敬うなど身近なことから始めれば、結局天下はうまく治まるという孟子の言葉から。
出典『孟子』「離婁・上」
類義語 舎近求遠(しゃきんきゅうえん)
舎近謀遠(しゃきんぼうえん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る