汗牛充棟について

汗牛充棟
かんぎゅう-じゅうとう
読み方かんぎゅうじゅうとう
意味所有している書物がとても多いことのたとえ。
車に載せれば車を引く牛が汗をかくほど重く、家の中で積み上げれば天井の棟木に届くほど書物が多いという意味から。
「牛に汗し棟に充つ」とも読む。
出典柳宋元「陸文通先生墓表」
類義語 載籍浩瀚(さいせきこうかん)
充棟汗牛(じゅうとうかんぎゅう)
擁書万巻(ようしょばんかん)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る