二河白道について

二河白道
にが-びゃくどう
読み方にがびゃくどう
意味仏教での極楽往生へ至るための道のこと。
「二河」は怒りを示す火の河と貪欲を示す水の河のこと。
二つの河に挟まれた極楽の彼岸に到達する白い道のことで、両側から火と水が迫り、後ろからも追っ手が迫っている中で一心にその道を進むと、ついには極楽浄土へたどり着いたことから、煩悩にまみれた人でも念仏一筋につとめれば悟りの彼岸にいたることを説いたもの。
出典『観経散善義』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る