四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「乱世姦雄」

「乱世姦雄」について

「乱世姦雄」の読み方

スポンサーリンク

読み方 らんせいのかんゆう
意味 乱れた世の流れにのって、名声を得る悪知恵の働く人のこと。
「乱世」は戦争が絶えない乱れた世界。
中国の後漢の時代、人物鑑定で有名な許劭は、若い頃の曹操を清平の姦賊、乱世の英雄と評したという故事から。
『魏志』「武帝紀」では、治世の能臣、乱世の姦雄と評されたとされている。
出典 『魏志』「武帝紀・異同雑語」
類義語 乱世英雄(らんせいのえいゆう)
乱世之雄(らんせいのゆう)
漢字詳細 「乱」を含む四字熟語 / 「乱」という漢字の詳細
「世」を含む四字熟語 / 「世」という漢字の詳細
「姦」を含む四字熟語 / 「姦」という漢字の詳細
「雄」を含む四字熟語 / 「雄」という漢字の詳細

「ら」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

その他

検索ランキング
(04/26更新)

1位 飛絮漂花
2位 他言無用
3位 燕頷虎頭
4位 吟風弄月
5位 雪中四友

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る