広宵大暮について

四字熟語広宵大暮
読み方こうしょうたいぼ
意味死んだ人の悲しみを嘆く言葉。
「広宵」はどこまでも広がる夜。
「大暮」はいつまでも続く夜。
夜がどこまでも広がり、いつまでも夜が明けないということから。
「広霄大暮」とも書く。
出典『文選』陸機「挽歌詩」
別表記 広霄大暮(こうしょうたいぼ)

使用されている漢字

「広」を含む四字熟語

「広」を含む四字熟語を全て見る

「宵」を含む四字熟語

「大」を含む四字熟語

「暮」を含む四字熟語

「霄」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る