金屋貯嬌について

金屋貯嬌
きんおく-ちょきょう
読み方きんおくちょきょう
意味妻とは別に扶養する女性をもつこと。妾。側室。
「金屋」は立派な建物のことで、宮中のこと。
「嬌」は若く美しい女性。
「金屋に嬌を貯う」とも読む。
中国の漢の武帝が皇太子の時に、長公主から嫁をとる気はないかと尋ねられたという故事から。
出典『漢武故事』

「金」を含む四字熟語

「金」を含む四字熟語を全て見る

「屋」を含む四字熟語

「屋」を含む四字熟語を全て見る

「貯」を含む四字熟語

「嬌」を含む四字熟語

「嬌」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る