窮兵黷武について

四字熟語窮兵黷武
読み方きゅうへいとくぶ
意味無分別に武力を使って、必要以上に戦争を起こして徳を汚すこと。
「窮兵」は戦争ばかりすること。
「黷武」はみだりに武力を使うこと。
中国の殷の湯王は七十里四方の領地しかなかったが、徳を修めていたために王者となり、晋の智伯は千里四方の領地があったが、戦争ばかりしていたために滅んだという故事から。
出典『淮南子』「兵略訓」

使用されている漢字

「窮」を含む四字熟語

「窮」を含む四字熟語を全て見る

「兵」を含む四字熟語

「黷」を含む四字熟語

「黷」を含む四字熟語を全て見る

「武」を含む四字熟語

「武」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る