半面之識とは

四字熟語半面之識
読み方はんめんのしき
意味少し顔を見たことがある程度の知り合いのこと。
または、少し会っただけの人の顔を覚えていること。
「半面」は顔の半分。顔の半分程度しかしらないの意。
中国の後漢の応奉は、二十歳のときに戸から顔を半分出した車大工を見かけただけなのに、数十年後に道で見かけた時に、その顔を覚えていたので声を掛けたという故事から。
「半面識」と略して使うこともある言葉。
出典『後漢書』「応奉伝」
漢検級 準1級

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「半」を含む四字熟語

「面」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語

「之」を含む四字熟語を全て見る

「識」を含む四字熟語

ページ先頭に戻る