弩張剣抜について

弩張剣抜
どちょう-けんばつ
読み方どちょうけんばつ
意味戦闘が始まる直前のような緊張している状況のこと。
または、書道で筆勢に激しい気迫がこもっていることのたとえ。
石弓に矢をつがえて弦を引き、剣を鞘から抜くという意味から。
「弩」は矢や石を飛ばすことのできる機械、石弓。
「張」は弦を引いて張ること。
出典『漢書』「王莽伝・下」
類義語 一触即発(いっしょくそくはつ)
剣抜弩張(けんばつどちょう)
刀光剣影(とうこうけんえい)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る