濠濮間想について

四字熟語濠濮間想
読み方ごうぼくかんのおもい(ごうぼくのかんそう)
意味世間から離れて、自然の中で静かに楽しむ心のこと。
「濠」は濠水、「濮」は濮水のことで、どちらも中国の川の名前。
中国の戦国時代の荘子は、楚王からの丞相にするという招きを断り、濠水で魚が遊ぶのを見て楽しみ、濮水で魚を釣って楽しんだという故事から。
出典『世説新語』「言語」
別表記 濠濮間想(ごうぼくのかんそう)
類義語 濠梁之上(ごうりょうのうえ)
濠梁之想(ごうりょうのおもい)

「濠」を含む四字熟語

「濠」を含む四字熟語を全て見る

「濮」を含む四字熟語

「間」を含む四字熟語

「間」を含む四字熟語を全て見る

「想」を含む四字熟語

「想」を含む四字熟語を全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る