寸草春暉について

寸草春暉
すんそう-しゅんき
読み方すんそうしゅんき
意味両親からの恩は非常に大きく、子がどれだけ孝行しても、少しですら報いることは出来ないということのたとえ。
「寸」は長さの単位で、短い長さのたとえ。
「寸草」は、短い草のことで、両親の恩に報いようとするほんの少しの気持ちをたとえた言葉。
「春暉」は春の太陽の光のことで、両親からの恩のたとえ。
短い草がどれだけ孝行しても、春の日の光によって育てられた恩に報いることは出来ないという意味から。
出典孟郊「遊子吟」
類義語 寸草之心(すんそうのこころ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る