敲金撃石について

敲金撃石
こうきん-げきせき
読み方こうきんげきせき
意味金を敲き石を撃つとも読み、詩文の響きや韻律が美しいことのたとえ。
「敲金」は鐘などの金属の打楽器を敲くこと。
「撃石」は磬などの石の打楽器を打つこと。
もとは張籍の詩を金石のような美しい音色だと韓愈が評した言葉。
出典韓愈「代張籍与李浙東書」
類義語 敲金戛玉(こうきんかつぎょく)
吹竹弾糸(すいちくだんし)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る