事上磨錬について

事上磨錬
じじょう-まれん
読み方じじょうまれん
意味実際に行動や実践を通じて、知識や精神を磨き修養すること。
「事上」は行動や業務をしながらという意味で、「磨錬」は磨きをかけること。
日常の業務をしっかりとこなして、それを通じて修養することが真の学問だとする陽明学の基本的な考え方。
出典『伝習録』「下」
類義語 事上練磨(じじょうれんま)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る