被髪佯狂について

被髪佯狂
ひはつ-ようきょう
読み方ひはつようきょう
意味髪を振り乱して、気がふれた人のふりをすること。
「佯狂」は狂っているかのように見せかけること。
古代中国の殷の紂王の臣下である箕子は、暴政を行う紂王を諫めたが聞き入れられなかった。
君主の下を去れば、君主の悪を公表することになり、自身を弁解することになると考えた箕子は、狂ったように見せかけて幽閉されたという故事から。
出典『史記』「宋世家」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る