四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「大輅椎輪」

「大輅椎輪」について

「大輅椎輪」の読み方

スポンサーリンク

読み方 たいろのついりん
意味 簡単な物から始まり、複雑になっていき、大雑把になり、細かい部分に行き届いて完成するということのたとえ。
「大輅」は天子が乗るための車。
「椎輪」は飾り気がなく、最低限の車ということから、物事の始めのたとえ。
飾り気の無い最低限の車が、天子が乗るための車になるということから。
出典 昭明太子「文選序」
漢字詳細 「大」を含む四字熟語 / 「大」という漢字の詳細
「輅」を含む四字熟語 / 「輅」という漢字の詳細
「椎」を含む四字熟語 / 「椎」という漢字の詳細
「輪」を含む四字熟語 / 「輪」という漢字の詳細

「た」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検級から検索

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級    

その他

検索ランキング
(08/09更新)

1位 修己治人
2位 燕頷虎頭
3位 玉兎銀蟾
4位 鶴汀鳧渚
5位 甕裡醯鶏

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る