四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「倚玉之栄」

「倚玉之栄」について

「倚玉之栄」の読み方

スポンサーリンク

読み方 いぎょくのえい
意味 容姿の美しい人や、人格のすぐれた人のそばへ寄ること。
「倚」は寄りかかること。
「玉」は玉樹のことで、容姿の美しい人や、立派な人物のたとえ。
「栄」は栄誉。
中国の魏のすぐれた容姿の夏侯玄に、明帝が皇后の弟である毛曽を並べて座らせたのを見た人々が、「葭が玉樹に寄りかかっている」と言ったという故事から。
出典 『世説新語』「容止」
漢字詳細 「倚」を含む四字熟語 / 「倚」という漢字の詳細
「玉」を含む四字熟語 / 「玉」という漢字の詳細
「之」を含む四字熟語 / 「之」という漢字の詳細
「栄」を含む四字熟語 / 「栄」という漢字の詳細

「い」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

その他

検索ランキング
(04/21更新)

1位 燕頷虎頭
2位 他言無用
3位 無病息災
4位 野鶴閑雲
5位 英姿颯爽

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る