四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「燕雀鴻鵠」

「燕雀鴻鵠」について

「燕雀鴻鵠」の読み方

スポンサーリンク

読み方 えんじゃくこうこく
意味 偉大な人物の志は、普通の人には理解できないということのたとえ。
「燕」は鳥のつばめ、「雀」は鳥のすずめ。
どちらも小さな鳥ということから、普通の人のたとえ。
「鴻」はおおとり、「鵠」はくぐいのことで、白鳥の古名。
どちらも大きな鳥のことで、英雄や豪傑などの偉大な人物のたとえ。
中国の秦の時代、日雇い労働をしていた陳勝が「互いに金持ちになっても忘れずにいよう」と仲間に言い、それを聞いた雇い主が「日雇いの分際で何を言っているんだ」と嘲笑した。
陳勝は「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」と嘆き、後に秦に反乱を起こして王になったという故事から。
「燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや」を略した言葉。
出典 『史記』「陳渉世家」
類義語 鴻鵠之志(こうこくのこころざし)
漢字詳細 「燕」を含む四字熟語 / 「燕」という漢字の詳細
「雀」を含む四字熟語 / 「雀」という漢字の詳細
「鴻」を含む四字熟語 / 「鴻」という漢字の詳細
「鵠」を含む四字熟語 / 「鵠」という漢字の詳細

「え」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

その他

検索ランキング
(06/22更新)

1位 他言無用
2位 面従腹背
3位 磨穿鉄硯
4位 旭日昇天
5位 三々五々

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る