四字熟語辞典オンライン
  1. 四字熟語辞典オンライン >
  2. 「漁夫之利」

「漁夫之利」について

「漁夫之利」の読み方

スポンサーリンク

読み方 ぎょふのり
意味 二者が争っている間に、無関係な者が苦労することなく利益を得ること。
「漁夫」は漁師のこと。
古代中国の趙が燕を攻めようとしたときに、燕の遊説家の蘇代が趙の恵文王の元に出向いて「鷸(シギ)と蚌(ハマグリ)が争っている間にどちらも漁師に捕まえられてしまった」というたとえ話をした後に「趙と燕が争えば、弱ったところを秦に狙われて両国とも取られてしまうだろう」と言って恵文王を説得したという故事から。
「漁父之利」とも書く。
出典 『戦国策』「燕策」
類義語 鷸蚌之争(いつぼうのあらそい)
犬兎之争(けんとのあらそい)
田父之功(でんぷのこう)
漢字詳細 「漁」を含む四字熟語 / 「漁」という漢字の詳細
「夫」を含む四字熟語 / 「夫」という漢字の詳細
「之」を含む四字熟語 / 「之」という漢字の詳細
「利」を含む四字熟語 / 「利」という漢字の詳細

「き」からはじまる四字熟語に戻る

四字熟語辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

その他

検索ランキング
(03/23更新)

1位 遊戯三昧
2位 他言無用
3位 自己韜晦
4位 飛絮漂花
5位 即断即決

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。
掲載内容の転載につきましては引用の範囲を超えての利用はご遠慮願います。
サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2013-2017 四字熟語辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る