「人主逆鱗」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

四字熟語 人主逆鱗
読み方 じんしゅ(の)げきりん
意味 君主や支配者から怒りを買うことのたとえ。
「人主」は君主や支配者のこと。
「逆鱗」は竜の顎の下に逆さに生えているとされる一枚の鱗のことで、これに触ると竜は激怒して触った人を殺すという伝説から、上の立場の人からの激しい怒りを買うことのたとえ。
「人主もまた逆鱗有り」を略した言葉。
出典 『韓非子』「説難」
漢字検定 準1級
分類 ことわざ2
漢字詳細 四字熟語「人」 / 漢字「人」
四字熟語「主」 / 漢字「主」
四字熟語「逆」 / 漢字「逆」
四字熟語「鱗」 / 漢字「鱗」

検索ランキング 5/16更新
順位 四字熟語 漢字
1位 国威発揚
2位 酒池肉林
3位 五穀豊穣
4位 妖怪変化
5位 実力伯仲

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシー | お問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 四字熟語辞典オンライン

ページ先頭に戻る